フランチャイズで独立開業したいなら

フランチャイズとは、事業の一つの形です。たとえば、店舗を増やす際には莫大な費用がかかります。そこで、個人費用を出してもらう代わりに、ノウハウを教え、サポートするというものです。また、本部側が全額負担する場合もあり、この場合もロイヤリティが受け取れるというメリットがあります。本部も加盟店側もリスクが少なくて済む為、開業の方法として選ぶ方が多いです。

本部側をフランチャイザー、加盟店側をフランチャイジーと呼びます。たとえば、コンビニの多くはフランチャイズです。さらに、飲食店にも多く進出しています。

まず、初めて開業する場合、そのノウハウをうまくつかむ事ができません。開業までのプロセスだけではなく、その後の経営についても不安が残ります。そのため、ロイヤリティを支払ってでも、加入した方がメリットが多いのです。しかし、もちろん注意点もあります。たとえば、加盟金の金額です。一般的に、その金額が妥当であるかは判断が難しいです。そのため、加盟金の返還を求めてトラブルになる事もあるのです。

また、本部側は加盟店をしっかりサポートする義務が発生します。しかし、思っていた程の恩恵が無い場合もあります。経営に関する指導が行われるはずが、ビジネスモデルをそのまま渡しただけで放置され、ロイヤリティの回収のみが行われるというケースもあります。確かに、ビジネスモデルが預かれるというのはメリットが大きいです。

基本的に、加盟店側が利益を出す事が本部の利益にも直結しますが、加盟金目的のフランチャイズも確かに存在しています。そのため、見極めが重要です。

フランチャイズで独立開業したいと考えている方に向けて、当サイトでは様々な情報を提供します。